· 

スーパータクマー、SMCタクマーの分解

ペンタックス スーパータクマーとSMCタクマーは、レンズ分解の基本を学べるレンズです。

SUPER-TAKUMAR、Super-Multi-Coated TAKUMAR、SMC TAKUMARと3種ありますが、分解方法はほぼ同じで簡単です。
Super-Multi-Coated TAKUMARは、銘板表記の違いはありますがSMCタクマーと同じだと思ってください。

なお、同じくタクマーでも、AUTOタクマーやスーパータクマーの初期型は分解方法が違います。

 

・基礎知識

・レンズ分解

の2点を解説していきます。

◆基礎知識

スーパータクマーとSMCタクマーは、絞り羽根の動作方法を、マニュアルとオートの2つに設定することができます。

※オートといってもオートフォーカスのことではなく、自動絞りという機能です。

MAN、もしくはMと表示が見えるときがマニュアルです。

絞りリングを回すと、それに合わせ絞り羽根が開閉します。

AUTOかAと書かれているときが、オートです。

オートの時は、絞り値を変えても絞り羽根は動きません。

画像矢印先の絞り込みピンを押すと、設定した絞り位置まで羽根が閉まり、離すと全開に戻ります。

なお、SMCタクマーは、絞り切り替えレバーにロックがかかっています。

画像赤丸内のピンを押し込むとロックが解除されて、切り替えレバーが動きます。

私は今まで、この切替レバーのロックを解除せず、力で解決しようとする方たちを何十人も見てきました。

◆前玉分解

銘板をゴムオープナーで回します。3秒で外れます。

ここからは、前玉を一枚づつ外してもいいですが、清掃の必要がなければ、カニ目で外側の欠け目を回してユニットで抜いてしまいます。

以上10秒で前玉分解完了します。

◆後玉分解

カバーを外したり等難しいことは一切ありません。

ただ大きさのあうゴムオープナーを押し当てて回すだけです。

完了です。

必要あれば、押えリングを外して内部清掃します。

ゴムオープナーで充分です。カニ目レンチはいりません。

 

以上スーパータクマー、SMCタクマーの基礎知識と分解でした。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    教えてください。 (木曜日, 15 6月 2023 21:51)

    Smcタクマーの50の1.4がさっきまでautoとマニュアルのレバーの切り替えできたのにできなくなりました。何が原因ですか?直せるものですか?

  • #2

    アクアカメラ (金曜日, 16 6月 2023 08:24)

    ロック解除のピンは押せてますか?

  • #3

    sakamoto (木曜日, 27 7月 2023 14:27)

    smc takumar28mmの絞りが動作しなくなりました。
    解決方法をご存じであれば教えてください。

  • #4

    アクアカメラ (木曜日, 27 7月 2023 16:37)

    動作しなくなったタイミングが分からないと何とも言えないです。
    絞り羽根の汚れなのか、絞り羽根を開閉するピンに連動したバネが外れたとか原因は色々考えられます。