· 

ミノルタ SRT101の分解

ミノルタSRT101は、かなり頑強なカメラという印象です。シャッター、露出計ともに故障率は低く、メンテナンスしやすいカメラです。

・基礎知識

・トップカバーの分解

・ファインダーの清掃

以上を解説します。

※体験教室用のまとめ記事です。修理依頼を頂いた場合と異なり精度より簡単を優先してます。

基礎知識

ミノルタSRT101の露出計は、開放測光ができるのがウリですが、これができるのはMC ROKKOR以降のレンズです。

対応レンズの場合、露出計の指針(画像の右上のある〇)は、シャッター速度、およびレンズの絞り値に連動します。それ以前のAUTO ROKKORを使用した場合は絞り値を変えても指針は動きません。

これは、AUTO ROKKORだと露出計が使えないという意味ではなく、レンズに絞りピンを使えば絞り込み測光にて露出計が使えます。

SRT101には、ミラーアップ機能があります。

タイマーとマウントの間にあるつまみを斜めに倒すと、シャッターを切った後ミラーアップしたままになります。

この原因でミラーアップが治りませんと修理にもって来ないようにしましょう。

◆モルトの交換

ミラー緩衝用のモルトは、他の機種と違って薄いです。

1mm以下のモルトを張って下さい。

トップカバー分解

ミノルタ101分解においての最大の難所は、前面赤ポチのシールをいかにきれいにはがせるかです。

このシールの下にマイナスネジの頭が隠れています。

まず溶剤をかけて接着を弱めます。

シールの端をカッターでめくります。

マイナスドライバー、彫刻刀の切り出し、千枚通し色々試してみましたが今のところカッターが一番具合が良いです。

少しめくったら、ゴム板でシール部分を回してやると接着が弱まってきます。

カッターで全部めくろうとすると曲がって汚くなります。

仕上げはガムテではがします。

分解の際は、シャッターダイヤルをバルブのASA6400に合わせます。合わせないと内部の糸に負担がかかって危険です。

巻き上げレバーから外していきます。
ゴムリングだとレリーズボタンが中で抜けてちょうどいいです。

続いて巻き戻しクランクを外します。

クランク下の押え盤を先を平刃にしたペンチで開けて下さい。

なお、この押えはトップカバーを外した際すぐに元の位置に戻します。

シャッターダイヤルを外します。

上部のネジを抜き、ダイヤル盤を外します。

ダイヤル盤が外しずらいときは、隙間に竹串の背を入れて回してやると固着が取れて外しやすくなります。

外したダイヤルの位置をよく覚えておいて下さい。

ギアで組み合わさっていて、対角線上2か所ギアが欠けている所があります。

ダイヤル側、ボディ側ともに、欠けている位置で合わさっていますが、少しずれてボディ側の金具が少し見えているのがポイントです。

これは、戻す時に位置がずれていても、組み上がってしまうので注意が必要です。

分解中に、こういった帰り道に迷いそうな部品にぶつかったら、写メっトクのが良いです。

背面のネジ2本と側面のネジを外します。

前面の赤ポチ下のネジを外します。

分解に必要なパーツは取りはずしたので、カバーを上に引き上げます。

スクリーン清掃

トップカバーを外した後は、すぐに巻き戻しクランク下の円盤を戻します。これをしておかないと脱線します。

なお、シャッターダイヤルの後ろ側にあるギアがスローガバナーなので、低速シャッター不良の時はこの部分を洗浄します。

円盤を戻した後、プリズムが上に抜けるようコードのよりをほどきます。

プリズムを上から押さえている金具を外します。

プリズムをつまんで上に引き抜きます。

スクリーン上のカバーはとってしまったほうが清掃しやすいです。

電池を入れて、露出計をOFFからB.C.に切り替えることで、露出計の針の下側の清掃もできます。針はもろい接着なので、強く触れると取れてしまいます。

◆ファインダーアイピースの取り外し

アイピースの裏側を清掃するために、左右のネジ2本を抜いて外します。

外さなくても清掃できますが、シャッターの糸が走っていて作業しづらいので取った方が楽です。

アイピースの止まっている位置は少し遊びがあるので、戻す時は同じ箇所に戻るように調整して下さい。

組み上げ

スクリーンのカバー、プリズムと戻したのちコードを当初と同じくよじります。

また、トップカバーを戻す際には、脱線防止のためにつけた円盤を取って下さい。

レリーズボタンは、棒と丸い金具を組み合わせたうえで戻してください。

シャッターダイヤルは、ギザギザ部分の対角線上に2箇所欠けがあるのでそれをボディとダイヤル側で合わせます。

欠けの部分は完全に一致するわけではなく、少しボディ側の金属が見えます。

その後、上の円盤部分裏にある突起を欠けに差し込むようにしてはめます。はめ込んだ後、円盤を押さえながら、ダイヤル側面を上に引き上げてダイヤルを回してください。ASAの表示が変化していれば位置的にOKです。

円盤の位置をを微調整しながら、中央のネジを止めます。ネジは、正規の位置以外では締められないようになっています。

 

 

以上Minolta srt 101の分解と組み上げ手順でした。